【プラグイン】BackWPup設定方法を解説

お名前.com

左側の管理メニューより「プラグイン」「新規追加」を選択する。

検索窓に「BackWPup」を入力しプラグインを検索する。

 

「今すぐインストール」を選択。

「有効化」を選択する。


インストール後「有効化」して、すぐに設定をする場合、「バックアップジョブを設定する」を選択します。

もしくは有効化した状態で管理メニューのBackWPupを選択し、「バックアップジョブを設定する」を選択する。

ここからはBackWPupの詳細設定をします。

 

1.一般設定

  • このジョブの名前

わかりやすくするため「ファイルバックアップ」と入力した

  • このジョブは、、

ファイルバックアップ」を選択

 

  • アーカイブ名

何も入力せずそのまま

  • アーカイブ形式
  • Zip(Windows で良く使用される圧縮方式。GZipの前身)
  • Tar(複数のファイルを1つにまとめる方式。UNIX 系 OS でよく使われる)
  • Tar GZip(GZip は、UNIX 系 OS で広く普及している圧縮方式)

利用環境に合わせて選択。Windows ユーザーの方は「Zip」、Mac ユーザーは「Tar GZip」を選択。

  • バックアップファイルの保存形式

「フォルダへバックアップ」を選択。

  • ログの送信先メールアドレス
  • メールの送信元

「自身のメールアドレス」を入力

  • エラー

「ジョブ実行中にエラーが発生した場合にのみログをメールで送信」にチェックを入れる。

ジョブスケジュール設定

「スケジュールタブ」を選択。

  • ジョブの開始方法

「WordPressのcorn」を選択。

  • スケジューラーの種類

「基本」を選択

  • スケジューラー

毎週日曜日の4時」を選択。

アクセス状況に合わせて変更可能だが、日曜日の深夜2~4時がアクセスが少ない傾向がある。

ファイル設定

ファイル設定タブは特に何もしなくてよいです。

宛先;フォルダー設定

「宛先;フォルダー設定」タブを選択します。

  • バックアップを格納するフォルダー

何も入力せずそのまま

  • ファイルを削除

最新のバックアップから何回目までのデータを残す設定します。

「12」の場合13回目のバックアップから最も古いデータは削除されます。

最後に「変更を保存」を選択し終了です。

【図解】初心者向け個人ブログWordPressの開設方法
個人の発信媒体としてWordPressの運営を始めようと考えている方に図解で解説していきます。 WordPress開設の主なポイントは以下の通りです。 レンタルサーバーの契約 ドメインの設定 WordPres...

コメント

タイトルとURLをコピーしました